Hatcho miso

本物は「伝統」ではなく「愛」

東京で生まれて育ったわたしは、お醤油は濃口、お味噌は米味噌が当たり前だった。濃口、薄口、白醤油という区別、米味噌、麦味噌、豆味噌と色々あること自体も正直最近まで知らなかった。だから、三河みりんなんて知らなかったし、八丁味 […]

Both sides of the counter

カウンターの向こう側とこちら側

6月21日は誕生日。誕生日といってもフツーの日常の一断片であり、今年の抱負や決意表明のようなものはさっぱり思い浮かばない。でも、喉元に刺さった魚の小骨のように、ずっと気になって頭から離れないことがある。6月21日は、株式 […]

Lunch with summer veggies

都市と田舎と生産 〜ポートランド、穂高、茅野〜

ポートランド – 自身の価値観を自覚して生きる街 新しいものや考え方を取り入れるまでには時間がかかる方なので、ポートランドについてはよく耳にしながらも、何がそんなに人を惹きつけるのかよくわからないままでいた。 […]

Sunflower in Hanamaki

コミュニティと、シェアする生き方

シェアキッチンを使うようになって2年とちょっと、「シェア」についてよく考えるようになった。設備や道具、本などモノのシェアと、ノウハウやアイデアなど無形なもののシェア。ある時点での交換だけではなくて、シェアをしながら一定期 […]

flooring panels

東京の杉と共存するキッチン

今から20年ほど前、突然花粉症になった。戦後、東京西部に大量に植林された杉が数十年経って十分育ったのに、その間に建材は輸入木材に取って代わられ、伐採されずに放って置かれた杉が大量の花粉を撒き散らしているというのは有名な話 […]

Oshizushi

ごはんが「モチモチ」ってなんだ?

うるち米、もち米、低アミロース米。「モチモチ」した食感、粘り気。そういうフレーズはよく聞きますが、そもそも「アミロース」って何? 北の玉手箱でも「さんま押し寿司」「さば押し寿司」の商品説明で、「遠野産低アミロース米ゆきお […]

University Campus

理にかなった美味しさ。料理は科学。

今年から、日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産大学)の「栄養学」と「調理科学」の正規授業を聴講しています。 「食品は科学だ」と気づいたのは、こちらの大学の公開講座に半年間通ったとき。NHK連続テレビ小説の「ごちそうさん […]

crab risotto

やる気にかける夜のリゾット

お米も研いでないし、夜ご飯作る気がしないけど、外食も面倒くさい。仕方ないから何か家で簡単に作ることにする…。そんなふうに思うことがよくあります。 今年の初め、Facebookには「七草粥つくりました!」という […]

Stewed bacon and Chinese cabbage

旬の白菜とベーコンでトマトコチュジャン煮

白菜が出まわる時期にしかできない、白菜とベーコンのトマト・コチュジャン煮。まきさわのベーコンが美味しいからと、鎌倉のRiettaさんが昨年冬に作ってくれたレシピです。調味料はバターとコチュジャンだけ。ベーコンとトマトから […]