Both sides of the counter

カウンターの向こう側とこちら側

6月21日は誕生日。誕生日といってもフツーの日常の一断片であり、今年の抱負や決意表明のようなものはさっぱり思い浮かばない。でも、喉元に刺さった魚の小骨のように、ずっと気になって頭から離れないことがある。6月21日は、株式 […]

Oshizushi

ごはんが「モチモチ」ってなんだ?

うるち米、もち米、低アミロース米。「モチモチ」した食感、粘り気。そういうフレーズはよく聞きますが、そもそも「アミロース」って何? 北の玉手箱でも「さんま押し寿司」「さば押し寿司」の商品説明で、「遠野産低アミロース米ゆきお […]

Autumn in Kesennuma

気仙沼、北上、花巻、仙台へ

11月後半の連休、気仙沼大島に行った。以前の勤務先の先輩で、震災後三陸の事業者さんをサポートしている方が、毎年行っているチューリップ植えのお手伝い。11月に東北を訪問するのは初めてで、雪にならないかハラハラしながらの毎日 […]

crab cake

「お取り寄せ」についてかに物語さんから学んだこと

今日、気仙沼の「かに物語」さんを訪問した。わたしは、お取り寄せの商売では、レシピ(アレンジ)の提案が絶対に必要だと思っているんだけど、それはかに物語さんのウェブサイトから学んだことが大きいかもしれない。 絶品のビスクとク […]

French crab curry

初心にかえって… かにのフレンチカレー!

最近は何だか慌ただしくて、一つひとつのことにじっくり取り組もうとか、今目の前のことに集中しようとか、自分に言い聞かせないとバタバタしたまま時が過ぎてしまうという感じ。そんな中でふと思うのは、「わたしは何のために、誰のため […]

al checciano

アル・ケッチァーノの奥田シェフ

ご存知の方も多いでしょうね。山形・鶴岡のアル・ケッチァーノ。わたしがその存在を知ったのは2年ぐらい前でしょうか。十三浜わかめを販売している仙台の友人から「アル・ケッチァーノに行ってきた ♪」という便りが届いて、どんなレス […]

scallop gratin

「焼帆立グラタン」に思うこと

冬の三陸に向かったのは、岩手県山田町(宮古と釜石の間に位置しています)の木村商店さんを訪問するためでした。さば節、日高昆布と干するめを使った天然だしが特徴で、無添加・無着色・手作りの押し寿司、炊込みごはんの素、いかめしな […]

Hanamaki in snow

文化の継承とは…

冬の三陸に行ってきました。釜石から山田に向かう途上、「あれ、ここはどこ?」と思うことが何回かありました。前回来たのは昨年8月末。まだ半年経っていないのに…。風景が変わったのは、高台造成と防潮堤建設が急ピッチで進んでいるか […]

Aomori shamorock producer

青森シャモロック

8月下旬の三陸訪問で、最後に訪れたのが青森県五戸の株式会社グローバルフィールドさん。青森県畜産試験場が20年かけて開発した特産地鶏「青森シャモロック」を飼育、加工、販売しています。 青森シャモロックと出会ったのは、吉祥寺 […]

種差海岸とうみねこラーメン

お久しぶりです! 事務作業に追われ、好きなブログ書きができずにちょっとストレスが溜まりました。8月下旬の岩手への旅から、もうひと月以上。先週末は、千葉県柏で催事にも参加しました。 さて、北三陸の野田の塩工房を出発し、国道 […]